デザイナー

Yuji Fujimura
10年前まで、アパレル大手「HIRAKATA」のエースデザイナー。
個性的で想像力豊かなのは言うまでもなく、クライアントの支持を得て活躍していたが、社長との意見の違いから、「HIRAKATA」を離れ、独立した。
独立し事務所を設立後、懸命に努力していくが、事務所を断念。
10年の歳月を経て、奇しくもHIRAKATAの社長の実弟(HIRAKATAの専務)の誘いにより、HIRAKATAにデザイナーとして復帰する。
藤村雄二は、ファッション雑誌も注目する程の独創的なデザイナー。
主にレディースファッションをデザインし、復帰したHIRAKATAでのデザインコンセプトとして、
大胆にも「At First Sight」に挑む。
「皆さんは百貨店等に買い物に行き、デイスプレイされたマネキンのコーディネートに、一目で惹かれた事はありませんか?」仮に、そうだとしても、もう少し色々見てから決めようと、多くの人は時間をかけますが、また、結局そのマネキンの服に戻っていってしまう…、そんな経験がおありだと思います。
このテーマは、そんな心を奪う服作りという、広い意味での抽象的なテーマですが、藤村雄二が普段から口する、「誰かの彩になりたい」という想いと重なっています。
この映画を通じて、藤村雄二の世界観をお楽しみください。